無節操な日記

プラモデル製作に関することをメインに無節操に思いつくまま綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ザク ver2 制作記 2

今週はゲート処理とパーティングライン・表面処理に終始していましたが、息抜きにスジボリも行いました。
今回はパーツをムギュー接着してからの合わせ目消しはしないため、合わせ目は全てスジボリすることにします。
通常のスジボリとは異なり、合わせ目になる部分のスジボリは(スジボリと言うのか?)片側にプラが無いのでなかなか削りづらいため、以前はカッターで切ってからペーパ・ヤスリなどで整形していましたが、タガネを使用するようになってからは大分楽になりました。

パーツにダイモテープ(テプラが登場する以前にネームシールに使用していたテープで、程良い硬さと粘着力があり直線に使用するには非常に便利です)を貼りそれをガイドとしタガネで削って行きます、このときに削りたい幅よりも太めのタガネでパーツからはみ出すように使用する方が綺麗に仕上がります。
この方法だと0.2mmのタガネでなくともスジボリすることが可能です。
zaku7.jpg

もう一つ、パーツ同士の合いが非常に良い場合でもっとかんたんにケガク方法として
パーツの間に洋白版やプラバンを挟み、挟んだ版をガイドにケガクという方法があります。
1 今回のザクはフレームが満載で外装パーツをはめると、ちょっとしたことでパーツにズレが生じています。
2 まずはこのズレをヤスリ掛けなどで補正します。
3 その後プラバンを挟みプラバンに沿ってタガネを動かしケガキます。
4 完成です。まだペーパーなどは欠けていない状態ですが、なかなかいい感じです。
こちらの方法はタガネの太さが直スジボリの太さになります。
zaku5.jpg

このような方法を使い分けて全てのパーツに凹モールドを施していきます。
zaku6.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/05/13(日) 13:37:46|
  2. 制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ザク ver2 制作記 3 | ホーム | ザク ver2 制作記>>

コメント

musessouさま

はじめまして、POON's ModelingのPOONと申します。
当Blogにお越し戴きありがとうございました。
(もしかすると私が先かもしれませんが・・・)
勝手かとは思いましたが、
LINKさせて戴きました。
よろしければまた遊びに来てください。
それでは失礼致します。
  1. 2007/05/16(水) 21:57:36 |
  2. URL |
  3. POON #1yB7PyZM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bmcmusessou.blog59.fc2.com/tb.php/98-ac91939b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

musessou

Author:musessou
BIBAI MODELER'S CLUB代表
と言っても現在2名
一緒に活動してくれる仲間を募集中です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。